コラム | 防水工事や補修工事をお考えなら【株式会社Mind's Roof】

コラム

シーリングがひび割れる原因について

2021.11.28



サイディングやタイルのつなぎ目がひび割れているのを見かけたことはありませんか?
このつなぎ目のことを「シーリング」と言います。
ここでは、シーリングがひび割れる原因について説明します。

▼シーリングの役割とは?
弾性のある樹脂系の目地重鎮剤のことをシーリングと言います。
シーリングは、サイディングの外壁のつなぎ目から水が浸入することを防ぎ、耐候性の高い外壁にするために必要です。
外壁材の動きを吸収し、破損を防いでくれるシーリングは、外壁の寿命を延ばしてくれます。

▼シーリングがひび割れる原因
■経年劣化
シーリングがひび割れる原因のほとんどが、経年劣化です。
シーリングの寿命は約10年で、それ以上経過するとひび割れが目立ってきます。
特に、直射日光や雨風が当たりやすい場所の劣化スピードは速く、寒暖差の大きい地域でも早く劣化が進みます。

■地震や強風によるひび割れ
シーリングは地震などの揺れによるサイディングやタイルの衝撃を吸収してくれますが、衝撃が大きい場合は吸収しきれずひび割れが起こります。

■外壁材の変形
サイディングは湿気を吸って膨張します。
また、寒冷地では凍結と融解によって収縮と膨張を繰り返します。
外壁材が膨張すると、シーリングは両側から圧力を受けるため、ひび割れが生じます。

■施工不良
劣化ではなく、施工不良が原因でひび割れを起こすことがあります。
プライマーの塗り忘れやシーリングの厚みが足りない場合などにひび割れが生じやすいです。

▼まとめ
シーリングのひび割れのほとんどは、寿命によるものです。
シーリングにひび割れが見られたら、業者に補修工事を依頼した方が良いでしょう。

記事一覧

  • 2022.09.15

    雨漏り修理の流れと防水工事の方法について

  • 2022.09.01

    雨の日でもできる防水工事について

  • 2022.08.15

    防水工事の種類ごとのメリット・デメリット

  • 2022.08.01

    バルコニーの防水工事の方法と耐用年数について

  • 2022.07.15

    防水工事とは?メリットについて