マンション・ビルの中層・高層建築物の大規模改修工事・外壁補修工事・防水工事・外壁塗装工事や雨漏り補修工事なら神奈川県横須賀市のMinds Roof(マインズルーフ)

事業内容

雨漏り調査

雨漏り調査は建物の欠損位置、漏水の原因を把握し、効率の良い補修工事、防水工事を実施するために行います。

建物において発生する漏水原因

  • 屋上防水の機能低下
  • 屋根の破損
  • 外壁のひび割れ
  • 給排水管・設備の損傷
  • 窓廻りシーリングの機能低下

Minds Roofでは、目視・打診での診断を中心に建物全体をもれなく丁寧に調査します。 また、漏水の原因に合わせた補修計画、防水工事方法のご提案をいたします。

防水工事

お客様のご要望に合わせて、適格な防水工事をご提案、施工をおこないます。

防水工事の種類 1

アスファルト防水

アスファルト防水は、合成繊維不織布にアスファルトを含ませコーティングした、シート状のルーフィングを貼り重ねて形成する工法です。

長所

  • 防水性能を確保しやすく、コストもそれほどかからない
  • 防水層が厚く連続するので、水密性が高い
  • 耐用年数が長く、メンテナンス回数を減らすことができる

短所

  • 施工時に臭いがある
  • 木造建築には向いていない
  • 紫外線が当たると硬化して劣化するため保護が必要

防水工事の種類 2

FRP防水

FRP防水は、強度が高く耐久性に優れたFRP(ガラス繊維強化プラスチック)を応用し、FRPの被覆防水層を形成する工法です。
その防水層は軽量かつ強靭で、耐水・耐食・耐候性に優れていることが特長です。

長所

  • 軽量でありながら耐久性に優れている
  • 下地への密着性が強いので防水性に優れている
  • 硬化速度が早く施工がスムーズ

短所

  • 紫外線に長時間当たると劣化しひび割れてしまうので、定期的なメンテナンスが必要
  • 伸縮しにくいので、地震などでヒビの危険性がある

防水工事の種類 3

塩ビシート防水

塩ビシート防水工事とは、塩化ビニール樹脂で作られた防水シートを接着剤などで下地に貼り付ける工法です。

長所

  • 紫外線・熱・オゾンに優れた耐久性を持つ
  • 高い伸縮率と耐摩耗性を持つ
  • 施工しやすく、短工期・低コスト

短所

  • 下地が平らでなければならない
  • 施工時に注意が必要です

防水工事の種類 4

ゴムシート防水

ゴムシート防水は、シート状に成形した合成ゴム系の防水シートを、接着剤などで下地に貼り付ける防水工法です。

長所

  • 伸縮性が高く伸びがあり、下地の亀裂にも柔軟に利用できる
  • 軽量なため、木造建築にも最適
  • 短工期・低コスト

短所

  • 複雑な形状には適していない
  • 鳥害や衝撃に弱い

防水工事の種類 5

ウレタン防水

ウレタン防水は、ポリイソシアネートを主成分とする主剤と、ポリオールを主成分とする硬化剤を、撹拌して塗膜する防水法です。

長所

  • 下地の形状に馴染みやすい
  • 施工が簡単で安価
  • 臭いも発生せず、周辺環境にも優しい

短所

  • 人の手で塗るため技術力が必要
  • 経年劣化や亀裂に弱い

補修工事

補修工事の種類 1

ひび割れ(クラック)補修工事

温度変化や乾燥、湿気、もしくは建物の構造的な欠陥によりひび割れが起こります。
発生箇所によってはひび割れの拡大の危険性や、水の浸入による内部鉄筋の腐食につながる危険性があります。

ひび割れ補修方法

エポキシ樹脂注入工法
ひび割れにエポキシ樹脂を注入する工法です。
微細なクラックのすみずみまで注入でき、分断されたコンクリートと一体化し、外壁の耐力を補強します。

クラックUカット

エポキシ樹脂注入工法
外壁のひび割れに沿って、カッターでひびの幅を広げ、その溝に接着剤を注入します。
幅を広げることで、接着面積を大きくし、外壁の耐力を補強します。
その他、損壊状況に応じて、プライマー、ウレタンゴム系シール充填などをおこないます。

補修工事の種類 2

剥離・剥がれ補修工事

内部の鉄筋が腐食・膨張することなどによりコンクリートの剥離が起こります。
鉄筋の腐食の原因としては、コンクリートの老朽化が考えられます。
幅を広げることで、接着面積を大きくし、外壁の耐力を補強します。
コンクリートの剥離は見た目が悪いだけでなく、時には剥がれ落ちたコンクリートで怪我をする危険性があります。

コンクリート剥離補修の流れ

  • はつり工事
    超高圧水でコンクリートを除去します。
  • 鉄筋の防錆処理
    内部の鉄筋に防錆処理を施します。
  • 樹脂モルタル埋め戻し補修
    コンクリート内部の処理後、樹脂モルタルで壁の穴を埋めます。
  • 塗装
    最後に塗装をおこない完成します。

補修工事の種類 3

タイル補修工事

コンクリート躯体からタイルのみが浮いている、もしくはすでに剥落している場合はタイル張り替え工法をおこないます。
また、アンカーピンニングエポキシ樹脂注入工法を用いて、剥落防止、浮き補修をおこないます。

CONTACT

お問い合わせが初めての方も大歓迎
ご相談はもちらん、現地調査・訪問見積りはお気軽にご連絡ください。