コラム | 防水工事や補修工事をお考えなら【株式会社Mind's Roof】

コラム

frp防水と耐用年数について

2021.11.01



外壁や屋根、ベランダなどの防水加工は、家をきれいに長持ちさせるために重要です。
防水加工の種類には様々なものがありますが、その中でも「frp防水」というものをご存知ですか?
ここでは、frp防水とその耐用年数について説明します。

▼frp防水とは
ガラス繊維などの補強材で強化したプラスチックのことをfrpと言います。
frpは様々な形状に成形しやすく、スポーツ用品や自転車、屋根材などいろいろなものに活用されています。
frp防水とは、液状のポリエステル樹脂と補強繊維を組み合わせて防水層を作る塗膜防水のことです。

■frp防水の特徴
frp防水には以下の3つの特徴があります。

・軽量で強度がある
・耐摩耗性が高いので、剝がれにくい
・硬貨速度が速いので、短い工期で施工が完了する

▼frp防水の耐用年数
frp防水の耐用年数は、10年前後です。

■耐用年数を超えるとどうなる?
frp防水の耐用年数を超えてからも、防水層のリフォームを行わなかった場合、劣化が進みます。
劣化よって表面にひび割れが見られるようになり、そこから雨漏りの可能性が高まります。

■耐用年数を伸ばすには?
frp防水の耐用年数は約10年ですが、frp防水の上から保護塗材を塗ることで耐用年数を伸ばすことができます。
7年前後で保護塗材を塗ることで、10年を超えても劣化が見られにくくなります。

▼まとめ
frp防水とは、新築住宅でよく使用される防水加工ですが、定期的な防水層のリフォームが必要です。
弊社では、お客様の要望に合わせて適切な防水工事を行っています。
これから防水層のリフォームを考えている方は、弊社までご相談ください。

記事一覧

  • 2022.09.15

    雨漏り修理の流れと防水工事の方法について

  • 2022.09.01

    雨の日でもできる防水工事について

  • 2022.08.15

    防水工事の種類ごとのメリット・デメリット

  • 2022.08.01

    バルコニーの防水工事の方法と耐用年数について

  • 2022.07.15

    防水工事とは?メリットについて