コラム | 防水工事や補修工事をお考えなら【株式会社Mind's Roof】

コラム

外壁のタイル剥がれについて

2022.02.08



「家の外壁タイルが剥がれてしまった…!」という方は多いでしょう。
なぜ外壁のタイル剥がれが起きてしまうのでしょうか。
ここでは、外壁のタイル剥がれについて説明します。

▼外壁のタイル剥がれの原因
外壁のタイル剥がれが発生した場合、以下の3つの原因が考えられます。

■素材の劣化
鉄筋コンクリートの構成は、鉄筋→コンクリート→モルタル→タイルになっています。
この各素材は、湿度や気温の変化によって膨張と収縮を繰り返しています。
素材によって膨張や収縮の度合いが異なることが、タイル剥がれの原因です。

■化学反応による中性化
タイルとタイルの隙間から、紫外線や雨水が侵入すると、強アルカリ性に保たれている接着剤の中性化が進みます。
接着剤が中性化することで、タイルと下地の密着が弱くなり、タイル剥がれの原因となります。

■コンクリート下地の問題
コンクリートの上にモルタルを塗らず、タイルを直貼りしている場合、タイル剥がれが発生しやすいです。
コンクリートの表面はつるつるしていて、タイルとの密着度が低いことが原因です。

▼タイル剥がれが起きたときの対処法
外壁のタイル剥がれが発生してしまったら、どう対処したら良いのでしょうか。

■タイル剥がれが部分的の場合
数枚だけタイル剥がれが発生した場合は、そこだけもう一度タイルを貼り直すことができます。

■全体的なタイル剥がれがある場合
現在のタイルの上に新しい外壁を被せることができます。
全てのタイルを剥がして貼り直す作業よりも費用が安いため、おすすめです。

▼まとめ
外壁のタイル剥がれは、ほとんどが建物の老朽化が原因です。
外壁には耐用年数があり、補修時期の目安となるので、定期的にメンテナンスを行いましょう。

記事一覧

  • 2022.09.15

    雨漏り修理の流れと防水工事の方法について

  • 2022.09.01

    雨の日でもできる防水工事について

  • 2022.08.15

    防水工事の種類ごとのメリット・デメリット

  • 2022.08.01

    バルコニーの防水工事の方法と耐用年数について

  • 2022.07.15

    防水工事とは?メリットについて