コラム | 防水工事や補修工事をお考えなら【株式会社Mind's Roof】

コラム

ベランダの防水シートがひび割れる原因

2021.12.25



ベランダに防水シートを張り付けている場合、だんだんひび割れてくることがあります。
なぜ防水シートのひび割れが起きるのでしょうか。
ここでは、ベランダの防水シートがひび割れる原因について説明します。

▼ベランダの防水シートがひび割れる原因
防水シートのひび割れが発生した場合、以下の2つの原因が考えられます。

■経年劣化
防水シートの耐用年数は約10年です。
紫外線や雨風、摩耗によって少しずつ防水シートは劣化していきます。
寒冷地の場合、凍結と融解を繰り返すことで防水シートが収縮することによってひび割れが発生します。
また、ベランダで洗濯物を干したりガーデニングをする場合には、ベランダを歩くだけで摩耗していきます。

■施工不良
防水シート張り付けの工事をしてから間もないのに、ひび割れが発生した場合には、施工不良が考えられます。
防水シートの貼り付け後、トップコートを塗ります。
トップコートが規定量よりも多い場合、表面のみ乾燥し、内側がゲル状になってしまうため、表面を押し上げます。
防水シートそのものがひび割れるのでなく、トップコートがひび割れていることも有り得ます。

▼ベランダの防水シートがひび割れたときの対処法
防水シートのひび割れが発生した場合、速やかに補修工事を行いましょう。
張り付けられている防水シートを剥がし、下地面を高圧洗浄できれいにしてから新しい防水シートを張り付けます。
このときに施工不良にならないよう、信頼できる施工業者に依頼しましょう。

▼まとめ
ベランダの防水シートは、劣化によってひび割れが発生することがあります。
ひび割れから雨水などが入り込んだ場合、雨漏りなどの原因になるので、ひび割れが発生する前に補修工事を行うのがおすすめです。

記事一覧

  • 2022.09.15

    雨漏り修理の流れと防水工事の方法について

  • 2022.09.01

    雨の日でもできる防水工事について

  • 2022.08.15

    防水工事の種類ごとのメリット・デメリット

  • 2022.08.01

    バルコニーの防水工事の方法と耐用年数について

  • 2022.07.15

    防水工事とは?メリットについて